Kobo Touch / Kobo Glo (N905C)にAndroid 2.3を入れる改造(修正)

皆様こんにちは。

昨日の記事「Kobo TouchにAndroidを入れる大改造」ですが、ファームウェアのもっと新しい物が出ていたことがわかりましたので、アップデート版です。
今度は、root化済みのファームが、Kobo Glo/Touch(N905C)向けに2本用意されました。
(※修正すればN905Bにも使えるようです)

ベースになっているTolino Shineも新しいものになっています。

-------------------------------------------------------------------------------------

こちらのビデオとあわせて読んでみてください。
[GUIDE] Install Android 2.3.4 onto Kobo Touch/Glo

とりあえず手順メモを。

1. 準備
■パソコンWindowsのパソコンと
■MicroSDカードのリーダーを用意します。

■Micro SDカードを2枚用意します。
1)2GB~4GBの新品

■SDカード用書き込みツールを入手する
シリコンリナックス株式会社
http://www.si-linux.co.jp/techinfo/index.php?DDforWindows
ここからDD for Windows をもらいます。

■圧縮解凍ツール「7-zip」を入手する
http://sevenzip.sourceforge.jp/
ここから7-Zipをもらいます。扱うファイルがUnixのgz形式なので必携です。

2. イメージファイルの解凍
オリジナルのアップロード先はなくなってしまい、現在代替ダウンロード先は以下のURLです。
のいずれかをダウンロードして7-Zipで解凍します。

5. イメージファイルの書き込み
パソコンに新品のMicro SDカードを挿します。
dd for windows を開き、手順2で作ったimgファイルを書き込みます。
※Windows Vista以降の方はdd for Windowsを「管理者として実行」してください。普通に起動するとSDカードが認識されません

7. 分解
[GUIDE] Install Android 2.3.4 onto Kobo Touch/Glo

このビデオのように、プラスチックを傷つけない素材のヘラと使って裏蓋を開けます。
わたしはホチキスの尻尾についている針リムーバーを差し込んで開けました。

中に2GBのMicro SDカードが刺さっているので、これを取り外して保管します。
かわりに、手順3で作ったMicro SDカードを挿します。
フタはまだ閉じない方がよいでしょう。

8. 起動
普通にKoboの電源を入れます。
数分待つとAndroidが立ち上がります。

20140613_192306_Android.png

14. パーティションを拡張する
このままではブックを収納するパーティションが1GBくらいしかありません。マンガをまとめてダウンロードするとあふれてしまい、困ったことにTolinoは容量不足を警告してくれません。
文学用途の方には必要ないかと思います。

わたしの場合、
というツールを使ってfat32のパーティションを6GBまで広げて解決しました。
Micro SDカードをUSBのリーダーに差して、ダウンロードしたGPartedのCDでPCを立ち上げると、SDのパーティション分けを好きなサイズに直せます。普通のパソコンのメンテナンスにも使えるすぐれものです。

15. やってみた感じ
昨日はrootを取るというのを初めて自分でやって感動していましたが、出来上がったKobo Shineはあちこちでドイツ語のエラーダイアログが出て困りました。
今回のファームはTolino Shineの部分が新しくなって、だいぶ安定度が高くなった感じです。

電子ブックアプリを載せて1日遊んでいますが、なかなかいいおもちゃになってくれています。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック